高校生からの薄毛の悩みをかつらで解決

自分が高校の3年生のときくらいに、友人から「髪の毛の量が少ない」という指摘を受けました。冗談だと思って、鏡を見てみたところ、自分の髪の毛が友達より少ないことに気が付きました。一番最初に気が付いたときには、まわりの友人たちには薄毛で悩んでいる人がいなかったということもあり非常に動揺しました。下手すると病気か何かなのではないかと怖くなりました。

両親にも薄毛のことを話してみた結果、気にしないほうがいいと言われたので、何か対処をすることもなく安心していました。薄毛に気付いた当初は、育毛剤を使用するなどしていました。しかし、髪の量は減っていく一方でした。最初の頃は笑ってやり過ごすことができていたのですが、次第に少し不安になっていき、どうすればいいのだろう、このままでいいのだろうかと自分のなかのひそかな悩みになってきました。同年代の友達と比べて自分だけ髪が減ってきているので、余計にその不安は高まっていきました。

高校を卒業するまでは、学校のルール等でヘアスタイルが決められていたので、髪型を変えることはしていませんでした。そのため、薄毛も目立ってしまっていました。友人らにも薄毛をいじられることもしばしばありましたが、笑い飛ばしていました。社会人になってから、ヘアスタイルを好きにしてもよい、ということだったので、まわりの友人たちは流行のヘアスタイルを楽しんでいるなか、自分思い切ってかつらを使用しました。自分はもともと髪の色が茶色に近かったこともあったので、少し濃い茶色くらいのかつらを利用することにしました。使用した結果、薄毛の悩みはなくなりました。もちろん、髪の毛について指摘されることも極端に少なくなりました。

会社の友人らに話を聞いてみると、友人らのなかにも薄毛に悩んでいた人がちらほらいました。本当に自分と同じ境遇であった人を見つけることができ、髪の悩みを持っていたのは自分だけではなかったのだな、とかつらを使用するようになった後からではありますが、安心することができました。

今もなお、かつらを使用しています。かつらの使用をすれば、当然薄毛は気にならなくなってくるので、髪のことを徐々に気にしなくてもよくなりました。流行のヘアスタイルに合わせているので、自分だけ目立つこともなくなってきたこともあり、自分はかつらには本当に感謝してもしすぎることはないのではないかと思います。これからも、髪の悩み解決のためにかつらにはお世話になると思います。